読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真とカメラ by 0x003f

写真をはったり、カメラのことを書いたりしてます

神楽坂の雰囲気を味わう

少し前ですが、神楽坂を散歩してきました。なぜ神楽坂に行ってきたのかというと、何かでみた「神楽坂は東京のパリ」というフレーズが気になったからです。

実際のパリにも行ったことないので自分の感覚では比較出来ないのですが 笑

f:id:photo0x003f:20170502005709j:plainα7s SEL55F18Z 1/1600 f2.8 ISO100

JR飯田橋駅を降りてまずは神楽坂下交差点へ向かいます。そこから北西にむかって早稲田通りを見るとまさに「坂」があります。たぶんですけど神楽坂って名前からイメージするのはみなさんここなんじゃないでしょうか

 

f:id:photo0x003f:20170502010145j:plain

α7s SEL55F18Z 1/60 f2.8 ISO100

f:id:photo0x003f:20170502010205j:plain

α7s SEL55F18Z 1/320 f2.8 ISO100

通りのお店だったり、通りから見える横道の商店街だったりがどれも雰囲気がよいです。歩いているだけで品の良さを感じます。

f:id:photo0x003f:20170502010633j:plain

α7s SEL55F18Z 1/800 f2.8 ISO100

あまり宛も無かったので一旦坂を登りきって見るといい日暮れの風景が待っていました。

f:id:photo0x003f:20170502011004j:plain

α7s SEL55F18Z 1/125 f2.8 ISO100

さて、どうしようかな......路地にでも入って良い被写体を探そうかな......と考えているところで赤城神社を発見。誘われるように鳥居をくぐってみました。

f:id:photo0x003f:20170502011138j:plain

α7s SEL55F18Z 1/100 f2.8 ISO100

f:id:photo0x003f:20170502011227j:plain

α7s SEL55F18Z 1/125 f2.8 ISO100

この判断が功を奏したようで、境内は被写体の宝庫でした。

f:id:photo0x003f:20170502011345j:plain

α7s SEL55F18Z 1/60 f2.8 ISO100

f:id:photo0x003f:20170502011409j:plain

α7s SEL55F18Z 1/1000 f2.8 ISO100

あちこちに魅力的なシーンが見られます。

f:id:photo0x003f:20170502011528j:plain

α7s SEL55F18Z 1/1250 f2.8 ISO100

f:id:photo0x003f:20170502011721j:plain

α7s SEL55F18Z 1/1250 f2.8 ISO100

f:id:photo0x003f:20170502011806j:plain

α7s SEL55F18Z 1/60 f4.5 ISO400

一通り撮影に満足して境内を後にして、早稲田通りのほうへ戻ります。

f:id:photo0x003f:20170502012040j:plain

α7s SEL55F18Z 1/60 f4.5 ISO320

 今度はかくれんぼ横丁という神楽坂の観光スポットを目指します。道中にいい被写体があったので撮影。

f:id:photo0x003f:20170502012236j:plain

α7s SEL55F18Z 1/60 f4.5 ISO1250

かくれんぼ横丁に到着。石畳の通路で、細い道に曲がり角だらけ。昔偉い人が後ろをつけてきた人を撒くのにここを利用したようで、そこからこの通りの名前がきているようです。

f:id:photo0x003f:20170502012442j:plain

α7s SEL55F18Z 1/60 f4.5 ISO1000

かくれんぼ横丁は高級そうなお店、看板の無い完全予約制のお店などが立ち並んでいます。かなり雰囲気のある場所なので、神楽坂に来た際にはちらっとでも覗いていくことをおすすめします。

 

本当はもうちょっとかくれんぼ横丁あたりを撮影したかったのですが、かなり暗くなってきたのでこの日は退散しました。また昼間などにゆっくり回りたいです。